2010年06月05日のエントリー

『粋塾』

2010年06月05日 · コメント(0) · 講義

長野、秋田大館の地方開催。そして、神奈川での基本編の第一クールが終了しました。 参加者の方々、如何だったでしょうか? 理念のない行動は、目標を失い、迷い、不安を募らせてしまうことが多いものです。知識や技術は、とても大切です。でも、それは自分自身の中にある理念があって始めて活かされるものだと思います。セラピーの本質って何だろう?そんな基本の基本を考えるコースで、しかも、かなり哲学的な内容もありましたが、参加してくださった方々は、これまでと違った臨床を感じ始めることができているのではないでしょうか? また、来週から基本コースが始まります。セラピーに関わる方々で、「日々悶々としている」「こんなものかと限界を感じている」「進歩していない自分にイライラしている」、そんな方は参加してみては如何でしょう。解決はしなくても、きっと考え方が変わると思います。「毎週は神奈川に通えない」という方は、有志を募って呼んでいただければ、喜んで伺います。 心もカラダも、疲弊しやすい時代。セラピストの心が疲弊してはセラピーになりません。元気の素である自分ができること、自己効力感を高めるためにも、是非参加してみてください。お待ちしております。

[続きを読む →]

タグ :

レベルが高い!!

2010年06月02日 · コメント(2) · イベント

出版記念の野球教室、終了いたしました。 5月14日金曜日の夜から、16日日曜日の午後まで、牛島と山口による野球教室が終了しました。 今回は、女子野球選手を中心とした野球教室でしたが、そのレベルの高さにびっくり。牛島は、各選手のレベルを見極め、その選手にあった指導をしますが、今回参加者の中心となっていただいた、平成国際大学女子野球部の皆さんのへの指導は、かなりハイレベルな指導が盛り込まれていました。見学参加していたセラピストからは、そのレベルの高さとともに、適確な指導により、その場で、どんどん改善されてゆくパフォーマンスの変化に、「目が点」状態でした。本当にすごいですね。久しぶりに一緒に選手を見て、思わず、そのすごさに笑ってしまいました。 質問に答えるコーナーでも、本当に”さすが”の一言ですね。「打者で肘にプロテクター、あるいは足にレガースをつけている選手は、身体を守るためかもしれませんが、自身で自分の技術の問題を露呈していることになる。」(どういう技術の問題を露呈しているかは、参加した人にお聞き下さい)など、視点を変えるだけでこんなにも大切な情報となるんだと、自分自身の臨床と重ね考えさせられました。これはほんのひとかけらの話しで、たぶん参加してくれていた選手、そして、セラピストはかなり参考になったのではないでしょうか。 今後、牛島と山口のコンビでの野球教室も計画中です。単なる物理的な(スピード、パワー)といったレベルではなく、野球人として必要なノウハウを盛り込んだ、これまでとはまったく次元の違う野球教室を計画中です。皆さんも期待していてください。 最後に、参加して頂いた女子野球の選手、そしてセラピスト、お手伝いいただいた宮本先生をはじめとした皆々様、そして、今回の企画を実現してくださった、濱本先生に深く感謝いたします。

[続きを読む →]

タグ : ·